教会図書

戻る| リニューアル| 教会住所| 集会案内| 写真| ニュース| メッセージ| ボイス| リンク


すばらしい悲しみ
−グリーフケアが癒される10の段階−
著者 グレンジャー・E・ウェストバーグ

  • 本文より
    このテーマは「すばらしい悲しみ」(Good Ririef)です。そして、悲しみの良い面を探求しようとしています。悲しみのパターンを知るだけではなく、悲しみから得られるものにつていも述べようと思います。人は誰でも、その生涯において幾度か、自分の愛する人やものの喪失に直面しなければなりません。この本は、そんなすべての人のためにあるのです。 「小さな悲しみ」をどう扱うかで、さらなる大きな悲しみがやってきた時の対策もおよそ分かるようになるのです。
  • 読者感想
    35年間、全世界で200万部発行されたこの本には、悲しみを乗り越えるための、また悲しむ者とどう寄り添うか、というヒントが沢山含まれています。 作者は、10のステップを経過して、悲しみが神の恵みによって癒されていく、と表現しています。 引越し、離婚、退職、健康を損なう、災害で家を失うなど日常生活において些細な事と思われがちな事も私たちの損失体験となり、それぞれの程度の差はありますが、さまざまな心の動きや、体調の変化を通して、日常へと戻っていくとの事です。 作者はまたこう表現しています。「大きな損失を体験した時、成熟した信仰者からは、その人が持つ神との素晴らしい関係を垣間見る事ができます。内面的な強さと落ち着きを示します。神への信仰を土台とした希望が私たちの人生の一部となっていくのです。」 ハワイに住む私たちにも少なからず、「引越し」という損失体験があります。 長年住んでいる方、最近引っ越してきた方はもちろんの事、今まで自分が経過した過程を、もう一度この本と共に辿った時、次に私たちが何をすべきかが神様から示され、新たなる恵みが与えられる事でしょう。

    2009年2月25日 岩田 綾子