HCC-リニューアル

戻る| 教会史| 教会住所| 集会案内| 写真| ニュース| メッセージ| ボイス| リンク

リニューアル日英合同礼拝

11月9日(日)朝9時半から礼拝開始 (登録必要)
場所:Sheraton Princess Kaiulani Hotel
120 Kaiulani Ave. (ワイキキ)
Ainahau Showroom (2階)

その時の様子はこちらをクリック

Honolulu Christian Church

HCCリニューアル・メッセージです。

ホノルル・キリスト教会

神の宮は定められている所に建つ
11月9日2008年(日)
関真士牧師
3.04Mb(20分20秒の音声)

Honolulu Christian Church

ただ神の恵みのゆえに
11月16日2008年(日)
関真士牧師
3.81Mb(31分43秒の音声)

ホノルル・キリスト教会

強くあれ、仕事に取りかかれ
11月2日2008年(日)
関真士牧師
5.23Mb(35分12秒の音声)

Honolulu Christian Church

The Blessing of Giving
11月9日2008年(日)
ラッセル比嘉牧師
3.50Mb(23分25秒の音声)

ホノルル・キリスト教会

あまりの喜びのゆえに
10月19日2008年(日)
関真士牧師
5.11Mb(34分25秒の音声)

Honolulu Christian Church

主の宮に栄光が満ちた
10月26日2008年(日)
関真士牧師
5.90Mb(39分44秒の音声)

ホノルル・キリスト教会

足を踏み出せ、イエスに向かって
10月5日2008年(日)
関真士牧師
4.84Mb(32分36秒の音声)

Honolulu Christian Church

ここは狭すぎる
10月12日2008年(日)
関真士牧師
5.66Mb(38分06秒の音声)

Honolulu Christian Church

英語部礼拝にて
9月28日2008年(日)
関真士牧師
3.80Mb(31分40秒の音声)

ホノルル・キリスト教会

信仰の旅の歩み
9月28日2008年(日)
ラッセル比嘉牧師
4.10Mb(34分08秒の音声)
  • リニューアルの必要性
    • 私が最も案じていることは人々をいかにしてキリストに導き、そしてそれをどうやって人々の心の中に築いていくか、にあります。キリストを心に築いていくことに関心はあっても,建物を築くことに関してはあまり思いを馳せることのない私ですが,しかし、建物を築くということは、様々な妨害から人々の信仰を守り,また神の王国を豊かに成長させることができる、という意味で大切であると理解しています。そう考えますと霊的な復興(リバイバル)は教会の物質的な復興(リニューアル)と大きな関わりを持つと言えます。

      では,なぜ『今』なのでしょうか?
      専門家の教えによりますと、建物の許容積の80%が埋まった場合,それは充満状態にあると考えます。
      英語部に於ける『モーニンググローリー礼拝』(7時45分開始)は充満しています。充満してしまうとこれ以上の成長は求められません。日曜学校の教室も既にいっぱいです。オフィス用として設けた部屋を解放してもまだいっぱいで、教会成長用に残されたスペースはわずかしかありません。このような状況下ですので、日曜学校にしろ,会議にしろ、使用する教室を常に必要に応じて変えていかなくてはいけません。英語部の礼拝参加者は約260名,日本語部礼拝参加者が約125名,そして日曜学校参加者は約137〜190名です。教会員全員が交われるだけのスペースが私たちにあるでしょうか?
      車24台が駐車出来る駐車場は私たちの教会成長のために設けられました。しかしゲストの中には400メートルほど歩いて礼拝に来られる方がおられるのが実情です。日曜のみならず,駐車場の問題は一週間を通してあります。プリスクールが駐車場のスペースを子供たちの遊び場として使用している場合,10台分しか駐車出来ません。プリスクールによるイベントなど種々なプログラムがある時など、駐車場の問題は更に深刻化します。その他,教会の利用者数を考えますと私たちの教会のキッチンは圧倒的に不適切であることもお分かりいただけると思います。
      今,歴史を振り返るかのように、 私を含め,関牧師も,聖霊によるリバイバルを求めているのです。私たちは沢山の人々がキリストに立ち返ることを望んでいます。私たちは壊れてしまった家族の絆がキリストによってまた結ばれる様を見たいのです。
      山頂に登って命がけで祈り続けたあの三人の結核患者のように,私たちも聖霊によって放たれる神の奇跡を見たいのです。そのためにも私たちは真剣になり,真摯に互いを愛し合い,共にキリストにあって力強く成長し,そして私たちの世界を変えていくのです。

      ラッセル比嘉(英語部 牧師)
      (訳:アイゾン直子)