HCC牧師のページ

関真士牧師
関真士牧師

 1964年東京生まれ。1984年にコックとして渡米し、サンノゼに滞在する。サンタクララ日系人教会でクリスチャンとなり、1988年に牧師になるべく東京聖書学院に入学。卒業後、おもに埼玉県、新座ニューライフチャペルで牧師として奉仕をする。2005年春、愛する妻と4人の子供達と共にホノルルキリスト教会へ副牧師として赴任し、現在は主任牧師。趣味は料理と茶道。

ブログ「風の吹くままに」 を掲載中


「年間聖句」

 今年度も、年間聖句を掲げていきます。ホノルル教会に対する主の御心は何なのか? 主は私たちにどうあって欲しいのか、何をして欲しいのか、主は御言葉によって示してくださいます。

 現在9つの御言葉が寄せられています。毎年そうなのですが、一見バラバラのようですが、パズルのように組み合わせていくと、確かに一つの御心が浮かび上がってきます。

 主は、牧師にご自身の御心を示しますが、牧師だけではないのです。教会は、キリストの体です。それぞれに御心は示されるのです。ホノルル教会では、ある年から、牧師が年間聖句を決めるのではなく、シェパード委員会で決めるようにしました。今年から牧会コミティになりました。

 出されて御言葉を、一つの御言葉、一つテーマにまとめるのが牧師の役割になります。とてもわくわくする楽しみな作業です。

 現在は、祈り検討中ですが、明らかに昨年までの流れが変わっていることを感じます。主は、ホノルル教会を新しいステージに導かれているようです。

 主に期待しましょう。神の夢と幻は、必ず成ります。神が語られたことは、必ず成ります。私たちも神の夢と幻を見せていただいて、御言葉の確証を得て、大胆に前進していきましょう。可能なことを信じるのはもちろん、不可能だと思えることを信じましょう。

「そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。」イザヤ書55章11節

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

10月2016年

11月2016年

12月2016年

1月2017年

2月2017年

3月2017年

4月2017年

5月2017年

6月2017年

7月2017年