HCC牧師のページ

関真士牧師
関真士牧師

 1964年東京生まれ。1984年にコックとして渡米し、サンノゼに滞在する。サンタクララ日系人教会でクリスチャンとなり、1988年に牧師になるべく東京聖書学院に入学。卒業後、おもに埼玉県、新座ニューライフチャペルで牧師として奉仕をする。2005年春、愛する妻と4人の子供達と共にホノルルキリスト教会へ副牧師として赴任し、現在は主任牧師。趣味は料理と茶道。

ブログ「風の吹くままに」 を掲載中


「高木牧人牧師をお迎えして」

 今年もクリスマスの時期を迎えました。神が人となってこの地上に来られたことの意味を、それぞれが心深くに受け止めていきたいと思います。

 私たちには、モデルが必要です。本来、人間とは、どのように生きる者として造られたのでしょうか? 例えば、切れ味鋭い包丁は、料理人が食材を切るために作られた物です。しかし、それを本来の用途とは違い、人を傷つけることにも使えてしまいます。

 私たちは、神に造られた人間として、果たして、その意図されたように生きているのでしょうか? それが分かるためにも、これが本来の人間の姿だというモデルが必要なのです。

 ノミの研究をした人がいます。ノミを容器の中にいれて蓋をします。ノミは自分の身長の150倍を飛ぶそうです。しかし、蓋があるので、飛んでもぶつかって落ちてしまいます。その内、ノミは飛ぶのを諦めて、蓋を取ったとしても飛ばなくなってしまうそうです。蓋はなくなり、自由な世界が開けているのに、どうせ無理だと諦めてしまうのです。
 そこに、別のノミを新しく入れると、そのノミたちはピョンピョン飛んでいくのです。それを見たノミたちは、自分も飛べるということを思い出すのでしょうか、また飛び始めるそうです。

 私たちは、今の自分の生き方、姿を見て、これが自分だと思いがちです。しかし、神が人となってこの地上に来てくださって、本来の神に造られた人間の姿がどんなものであるかを見せてくださったのです。イエスこそ、私たちのモデルなのです。

 イエスというモデルは、私たちに希望を与えてくれます。愛、喜び、平安、最高に価値ある自分を生きることが出来るはずなのです。諦めないで、イエスを見て。イエスを信じて受け入れる時、本来の神に造られた自分の姿を取り戻すことが出来るのです。

 このクリスマスの時期、いよいよイエスに目を注ぎましょう。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

4月2017年

5月2017年

6月2017年

7月2017年

8月2017年

9月2017年

10月2017年

11月2017年

12月2017年

1月2018年