HCC牧師のページ

関真士牧師
関真士牧師

 1964年東京生まれ。1984年にコックとして渡米し、サンノゼに滞在する。サンタクララ日系人教会でクリスチャンとなり、1988年に牧師になるべく東京聖書学院に入学。卒業後、おもに埼玉県、新座ニューライフチャペルで牧師として奉仕をする。2005年春、愛する妻と4人の子供達と共にホノルルキリスト教会へ副牧師として赴任し、現在は主任牧師。趣味は料理と茶道。

ブログ「風の吹くままに」 を掲載中


「収穫は多いが、働き手が少ない。だから収穫の主に働き手を送ってくださるように祈りなさい。」マタイ9:37,38

 「働き手を送ってください」このように祈り始めて数年が経ちました。その間、確かに主は、多くの働き手を送ってくださいました。パッションを持ち、喜んで主に仕える人たちが起こされました。そして最近、またこの祈りに導かれた時、さらに働き人が与えられています。

 高木牧人牧師はもちろん、3名の神学生も起こされ、また新しいミニストリーも起こされています。教会の営みには、確かに波があります。サーフィンのように、波を待つ時、波に乗る時、教会にも様々な時があります。でも波が来た時には、それに乗っていけるように、その波は主が送ってくださったものですから。

 ただ私たちが、その波を、主が送ってくださった恵みを受け取るためには、受け取る側の姿勢も問われてきます。
 今年度の聖句のように「新しい事が起こる」時、それは変化の時でもあります。伝統や前例は大切ですが、それが「主義」にならないように、そこに捕らわれないで、新しいことに心を開く姿勢が求められます。

 また、新しい牧師を雇用するための経済的な負担。それは私たちがこの神の恵みを受け取るかどうかという、私たちの姿勢の問題です。高木牧師との出会い、ビザの取得など、確かに主は、絶妙なタイミングで奇跡を起こしてくださいました。すべてが恵みでした。今度は、私たちはその恵みに応える番です。
 具体的には、雇用ファンドへの定期的な献金をもって、この恵みに応えていきたいと思います。

 その他、ハッピープロジェクト、レインボーブリッジの働き、教会便利帖の作成。既存のミニストリーも元気です。10月には文芸部による中秋の観月会、句会も持たれます。また日英の両語部のさらなる一致と宣教協力を求める中で、合同祈祷会が始まり、合同宣教旅行も計画されています。他にもまだまだありますが、ご一緒に、この波に乗っていきましょう。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

1月2017年

2月2017年

3月2017年

4月2017年

5月2017年

6月2017年

7月2017年

8月2017年

9月2017年

10月2017年