説教 2015年9月


「牧師が留守の間にリバイバル」

 ハワイでは珍しく、じっとしていても汗がにじむよう日が続く中、爽やかな貿易風が吹くとホッとする。

 9月14日(月)〜10月13日(火)まで、サバティカル休暇の後半を取得する予定になっている。

 前半の時には、教会として「私たちはイエス様の弟子です」というテーマを掲げた。6週間ぶりに教会に戻ってみると、新しいミニストリーも始まっていて、教会全体が活気づいているのを肌で感じるほどだった。

 後半から戻って来た時には、今度は、どんな素晴らしいことが教会に起こっているか楽しみでならない。どうぞ皆さん、何の遠慮も、臆することもない、与えられている賜物をフルに活用してください。「牧師が留守の間にリバイバル」が起こったら、こん素晴らしいことはない。教会は、キリストの体であり、キリストのその体の頭だから、教会は主のものなのだから。 

 現在、ホノルル教会の礼拝で語ったメッセージを文章に起こす作業が始まっている。10名の方がボランティをしてくださっている。10年間の全部はとても無理なので、まずはシリーズものから作成していこうと思っている。仕上がったものが本になったら素晴らしいと願っているが、今のところ、まだ出版の予定はない。どなたかの目に触れて、出版できたらと夢を描いている。文章を通して、キリストの福音を伝えられるなら、こんな嬉しいことはない。どうぞ、この作業のために、そして文章が用いられるように、お祈りくだされば幸いです。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

11月2014年

12月2014年

1月2015年

2月2015年

3月2015年

4月2015年

5月2015年

6月2015年

7月2015年

8月2015年

9月2015年

10月2015年