説教 2015年11月


「日本宣教へのチャレンジ」

 サバティカル休暇の後半は、富士山の麓で開催されたGlobal Returnee Conference(GRC)に参加した。海外でクリスチャンとなった、いわゆる「帰国者クリスチャン」のために集会である。定員300名のところ、450名の参加があり急きょ代替のホテルを用意したほどの盛況であった。

 参加者の9割近くが帰国者クリスチャンであった。恵みに満ち溢れた素晴らしい一時であったが、帰国者クリスチャンのフォローアップを考える上で、多くのアイディアと情報、出会いが与えられた。

 私は、2回の聖会メッセージと分科会を担当させていただいた。http://globalreturnees.org で視聴できるようになっている。とても熱く語ったという評判だが、私として、神の圧倒的な愛のほんの一部しか語れていないという感覚であり、まだまだ序の口というのが本音である。

 それはそうとして、私たちは、海外にある日本人教会として、帰国者クリスチャンのこと、そして日本宣教のことをもっと、もっと考えていかなければならないと思わされた。ある統計によれば海外で救われる人は、国内の30倍だそうだ。

 私たちは、このハワイでどのような宣教が出来るだろうか? 宣教チームを組んで日本に宣教旅行に行くのもいいだろう。しかし、もっといいと思うのは、日本のクリスチャンをハワイに呼ぶことだ。自分が日本に行ったと思って、その分を捧げて、日本で苦闘している教会の方々をハワイに招き、身体においても、心においても、霊においても、新しい恵みで癒され、強められ、リバイバルされて日本に帰っていく。そんな働きが出来たら素晴らしいと思う。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

1月2015年

2月2015年

3月2015年

4月2015年

5月2015年

6月2015年

7月2015年

8月2015年

9月2015年

10月2015年

11月2015年

12月2015年