説教 2016年9月


 9月と言えば、収穫の秋です。私たちも今一度、伝道への情熱を新たにしたいと思います。

 9月27日〜30日の期間、第6回 日本伝道者会議が神戸にて開催されます。この会議は4年に一度、日本中の牧師、伝道者が一同に会して行われます。
 このたび、教団から経費のサポートを得て、私にとっては初めての参加となります。25日の礼拝後、午後の便で出発し、伝道会議後に続けて開催される海外宣教従事者の集いに参加し10月4日にハワイに戻る予定です。

 会議するより、伝道しようという声もありますが、世界で最も宣教が困難と言われる日本で伝道する者たちへの励まし、情報交換、様々な働きを知り合い、ネットワークを拡げ、何よりも伝道への情熱を新たにするためにも、4年に一回の開催は意味のあることだと思います。

 ある年の、海外で救われた日本人は1700人だそうです。日本の国内の受洗者数は、だいたいそれと同じくらいだそうです。確率で言えば、海外でクリスチャンになる方は、日本国内の30倍だそうです。

 特に、ホノルル教会は、毎回の礼拝で新来者が紹介されるという特別な状況にある教会です。今年に入ってから9月までの間に回の洗礼式がありました。私たちは、伝道のチャンスを特別に与えられた地にいるのです。ハワイは特別です。種をまけば撒くほど収穫があるのです。

 私たちは、この機会をもっともっと生かしたいと願います。それぞれの賜物を活かして用い、キリストの福音を一人でも多くの方々に伝えていきましょう。そして救われた人が、神の家族である教会に属し、自分の居場所を見出していくのです。

 ホノルル教会が、神の家族として、福音宣教のために用いてられますように。祈り、励んでいきましょう。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

11月2015年

12月2015年

1月2016年

2月2016年

3月2016年

4月2016年

5月2016年

6月2016年

7月2016年

8月2016年

9月2016年

10月2016年