説教 2016年12月


 2016年も12月を迎えました。慌ただしさを感じる季節ですが、心を落ち着けて、主の恵みを味わう時としたいものです。
 来年から始める予定の聖書クラスのためにお祈りください。

 このクラスを料理に例えてみます。最高に活きのいい真鯛が手に入りました。まずは、鱗を取って、3枚におろして、身を切り分けて、真鯛という素材の下ごしらえをします。

 次に、刺身に切ったり、焼いたり、煮たりして、美味しく食べられるように、料理をします。

 そして、いよいよ、お料理を食べるのです。食べなければ、いくら美味しい料理が目の前にあっても意味がありません。食べるのです。その時に、健康体でないと料理が美味しく感じませんし、好き嫌いがあってもいけません。

 今計画中の聖書クラスは、まず下ごしらえにあたるのが、聖書の教理を学ぶことです。神とは? 救いとは? 教会とは? 礼拝とは? 奉仕とは…? などを学ぶクラスです。約24回くらいを予定しています。

 料理にあたるのが、聖書そのものを学ぶクラスです。まずマタイ福音書を学びます。そして創世記へ、さらに...学びます。

 そして食べるにあたるのが、霊的成熟という学びです。ここでは、実際に御言葉の語りかけを味わうために、人格的成長を取り扱います。

 このクラスは、自分で下ごしらえをして、料理して、食べられるように、いわば御言葉のお料理教室のようなものです。教会行事の中で、このクラスを最優先にして取り組んでいきます。どうぞご参加をお祈りください。

関真士牧師

説教集  (下の文字をクリックして下さい)

2月2016年

3月2016年

4月2016年

5月2016年

6月2016年

7月2016年

8月2016年

9月2016年

10月2016年

11月2016年

12月2016年

1月2017年